カテゴリ:How to use( 4 )

IWAIスーパーフロータントこりゃスゴイ!

花粉が飛びまくってますね~(>_<)ようやく暖かくなり魚も動き出したようです。魚がライズしていない場合はニンフやウエットで水面下を流しますが、やはり春!水面上を流れる水生昆虫を捕食する魚はドライフライで狙いたいもの。
そんな時必携なのがフロータントですね、昨年新発売したIWAIスーパースロータントですが、超!高性能なのですが、使い方がまだよくわからないユーザー様がいらっしゃるようですので・・・もう1度説明させて頂きますね。

b0136001_1033334.jpg
瓶を良く振って、液を白濁させます。
b0136001_10332761.jpg
次にフライを瓶に入れて浸します。
b0136001_10334513.jpg

b0136001_1194710.jpg

ここがキモです!必ずテッシュペーパーなどで完全に液を吸い取ってください。軽くフライをもんで余分な液を吸い取り、CDCなどのハックルを手で整え、乾いた状態にしてください。
これで完璧!浮力剤は確実にフライ内部までドレッシングされていますのでご安心ください。余分に付着していると高浮力が得られません。
b0136001_10531763.jpg
IWAIスパーフロータント ライトタイプ¥1、300(税別)春先からハイシーズンまで使える、CDCダンや小型~中型フライ用
b0136001_105328100.jpg
IWAIスーパーフロータント ヘビータイプ¥1、300(税別)釣り上がり用でライトタイプよりやや濃度が高め、大型テレストリアルなどハイシーズン用フロータント
岩井さん自身も驚いた!?沈まないね~、不沈フライになるね、このフロータント!と絶賛です!!
[PR]
by katsu-flux | 2014-03-19 11:16 | How to use

2014解禁!

2月の解禁といえば岐阜の長良川ですね
今年も多くのフライフィッシャーで賑わいました!
いつもの事ですが、解禁当初はそれなりに釣れていたようですが・・・・最近はかなりシビアみたいです・・・
彼らとの勝負にはこちらとしてもそりなりの秘密兵器を用意しないと?!ですね

b0136001_1121914.jpg

ライズ狙いの釣りの場合、この状況下では極小ミッジフライを使用するケースになります。
その場合、使用するティペットにはフライが不自然にならないように演出する事が大切。そこで登場するのがフロロカーボンティペットのシラメスペシャルです!
フロロはほどよく水に馴染み、糸の存在を隠してくれる効果があります。そして10.5Xという極細の糸・・・
かなり細いですがこのサイズですとミッジフライに違和感を与えず自然な状態で流れてくれるのです。
スレきったシラメにはこれを使う、使わないで大きな差が出ますよ~
b0136001_1172010.jpg

色々な状況があるので一概には言えませんが基本はライズに対してやや上流側からアプローチ、ライズのタイミングを図ってフライをキャストしたら、軽くロッドを操作して(上流側へラインを引く感じで)ティペットを水になじませ、フライ先行でライズに向かって流し込んでくださいね~
今年はどんなドラマが待っているのでしょうか?(笑)本日は寒いですが春は確実に近くまで来ています!
[PR]
by katsu-flux | 2014-02-08 11:15 | How to use

IWAIフロータント 使い方 ここがキモ!

IWAIフロータントをご購入されたユーザー様からの問い合わせがありましたのでお答えします!
イマイチ浮かないんです・・・とのお話で・・・(汗)

詳しくお話を聞くと、どうやら使い方を少し間違えていたようでした。
フライをデップしてから、充分にテッシュペーパーで余分な液を取り除かなかったようです。

浮力材の濃度が高いので、とにかくハックルやCDCにベッタリと付着した液を確実に吸い取らなくてはいけません。
せっかく着けたフロータントがもったいない・・・又は吸い取ってしまったら浮かないのでは?・・・
ぜんぜん問題ありません。IWAIフロータントはフライにしっかりと付着しています!
とにかくテッシュでフライを挟み、フライのシルエットが元の状態になるように充分に余分なフロータントを吸い取り、最後は手でフライを整えて完了!
こうすれば不沈艦(笑)フライになりますよ!
b0136001_21245283.jpg

b0136001_2125477.jpg

b0136001_21265128.jpg

とにかくテッシュで確実にフライを乾かして(吸い取って)くださいね!!
[PR]
by katsu-flux | 2013-04-30 21:32 | How to use

IWAI スーパーフロータント ヘビータイプのご使用に関して

IWAI スーパーフロータント ヘビータイプの使い方の御案内です。
このフロータントはシェイクリキッドタイプという名前の通り、ビンを振って、フロータントを良く混ぜ合わせてから毛鉤を入れてご使用頂くものです。
使う前にボトルを振りますと液が混ざり合いやや白濁します。これが混ざり合っている状態でご使用OKです。
更に強く振っていますと白濁は消えて透明な液体に戻りますが、この状態でも完全に混ざっていますので問題なくご使用になれます。
温度差によって白濁状態が長く続く(気温が低いとき)事がありますが、温度が高くなると白濁状態が継続しません。(これからのシーズンは気温が上がりますので白濁しにくくなります)
ご使用前にしっかりとシェイクして頂ければ製品の効果は発揮されます。

ライトタイプは白濁の継続時間が長いですが、これはヘビータイプとは処方も成分も違うためにおきる現象です。
いずれのタイプも使う前に良く振ってからご使用頂く事でフロータントの性能を100%発揮できます。
b0136001_12334655.jpg
    ↑使用前にボトルをシェイクした状態、やや白くなります。
b0136001_12351970.jpg
更にシェイクしますと透明な状態に戻ります。これで完全に混ざり合っています。こうなりますと長時間は混ざり合った状態がキープしていますので頻繁にシェイクしないでも大丈夫です。しかし、気温が低い時期などは混ざりにくいので毛鉤を入れる前にはビンを振ってからご使用ください。
[PR]
by katsu-flux | 2013-04-14 12:49 | How to use